読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物買取でアンティーク着物やリメイク着物を大事に使うための方法

着物大好きな着物ラバーが、古くなった着物をどうすればいいのかについて考えるブログ

着物買取と着物の種類について調べてみた:附下

 かつての日本であれば、着物を着用するシーンも多く、シーンに合わせた着物を何着も持っていることが普通でもありました。しかし、近年では冠婚葬祭時にも簡素化して洋服で済ませてしまうことも多く、せっかく購入した着物も自宅のタンスに入ったままになっているという人もいるでしょう。それでも、結婚式などのシーンでは着物を着用することもありますが、近年では便利な着物レンタルを利用してしまう人も多いものです。

 着物にも洋服のように流行があるものであり、購入した時には良くても今となってしまえば古臭くて着るのが恥ずかしくなってしまうこともあります。せっかく自分の着物を持っているのに、今のデザインの着物をレンタルで利用してしまうということにもなってしまいます。

 着物は形見分けとしても十分なアイテムであり、おばあちゃんや母親、親戚のおばさんが亡くなったことをきっかけにいただいたものがあるという若い人もいるでしょう。しかし、年齢や時代に合わずにそのままにしてしまいがちです。

 着物は一年に一度は風を通して生地を傷めないようにする必要があり、非常に手間がかかるものです。一回でも袖を通したのならクリーニングに出す必要があり、着物のような特殊クリーニングは高額な料金が必要になります。保管するにも洋服のように小さくたたむこともできないので、自宅内の場所も取ってしまいます。着物は必要な時にはその時だけのレンタルを利用してみて、着ない着物は買取に出してみるというのも賢い選択肢です。大事にしていていただいたものならば、気に入ってきてくれる人に渡すためにも、買取を活かしてみるといいでしょう。

 着物買取では、さまざまな種類の着物の取り扱いがあります。小紋や色無地、附下や留袖、訪問着や振袖、子供用の着物や浴衣などもありますが、種類の他にもサイズや色なども問いません。附下は、訪問着よりも格下なので買取可能なのかどうか迷う人もいるかもしれませんが、今日の附下には豊富な種類があるので訪問着の代わりとして着用できる華やかなものもあります。

 附下は、模様が縫い目にかからずに着用した状態で模様が全て上を向くように柄が付けられた着物のことであり、絵羽模様ではないことからカジュアルなシーンでも活用できることから附下を求めている人も多いものです。

 着物買取では、お客さんから買い取った着物を再び着物として販売するだけでなく、店舗によっては複数のルートを持っていることがあります。日本の着物は海外でも人気があるアイテムでもあり、海外向けとして輸出している店舗もあります。そうなれば、昔の着物であっても日本らしい古めかしさがあることから海外では人気となることもあるのです。また、汚れや穴、傷がついてしまった着物であっても、その部分をはじいて別の物に作り替えられることもあります。バッグなどの小物類であったり、ハギレとして販売されることもあるので、状態が悪いものでも確認のためにも無料査定に出してみるといいでしょう。

 着物買取では、着物の他にも小物類の買取も行われています。店舗によっては着物と一緒でなければ買い取ってもらえないこともあるので、事前確認が必要になります。着物は一枚だけで着用できるものではなく、たくさんの小物類も身につけることになります。足袋や肌襦袢裾除けなどの直接肌に身につける下着扱いのアイテムは買取不可能なこともありますが、帯や帯留め、草履や下駄、和装バッグや巾着、髪飾りなどでも売ることができます。

 着物スタイルを楽しむためには、高価な着物を何枚も持つことは予算的にも難しいものですが、小物類に変化を付けることによってまた違ったスタイルを楽しむことができます。和装小物も一緒に買取に出せば、また違った自分の和装スタイルでお出かけすることもできます。 着物買取では、店舗に着物を持っていき身分証明書を提示すれば、その場で現金化することができる便利なサービスです。また、着物は重いものでもあるので何枚もあるという場合には持ち運びが大変です。そんな時には、宅配便を利用した買取も行われています。

 事前に店舗に連絡を入れてキットを送ってもらい、必要書類に記入をして身分証明書をコピーし、商品を段ボールに入れて着払い伝票で送るだけです。送料は無料であり、後日買取金を指定した銀行に入金してもらう際の振込手数料も負担してもらうことができます。ただし、査定額に納得ができなかった場合に商品を自宅まで返送してもらう送料に関しては、自己負担であったり店舗負担であったりと店舗によって違ってくるので、トラブルのないように利用前に確認をしておきます。

 他にも、場所によっては自宅まで取りに来てもらえる出張買取も行われています。自宅の玄関先で店頭買取同様にすぐに現金で支払ってもらえるので、取引のために何度も連絡を取り合うこともありません。自分に合った方法で買取に出してみてはいかがでしょうか。

 

 着物買取には、個人宅への出張買取、郵送で送られた物を買う郵送買取、あるいは店舗での店頭買取等の方法がありますが、着物の素材や状態、寸法の他、市場の需給との兼ね合いで、買取るか否か、または金額が査定されます。 買取を希望するのは、曾祖母の代から受け継がれてきたり、亡くなった人の着物があるが寸法が合わなかったり、好みが合わないので着ないとか、昔購入した着物が派手になってしまった、体形が変わって着られない、好みが変わってしまったので直してまでは着ない等の理由が主なものです。買い取られた着物は、必要に応じてシミ抜きや仕立て直し等をして、市場に出されるほか、着物として着用出来ない古布は、バッグ等の小物に仕立てたり、手芸の材料用に加工したりして販売されています。

 着物を種類別に分けるには、生地による分け方、柄付けや工程の違いによっての分けかた、用途別、目的別の分け方があります。さらに、季節ごとにわけたり、ある地域の特殊な素材により特殊な技法で作られた着物を分類することもできます。 着物の生地は主に絹、木綿、麻、綿麻、羊毛、ポリエステル等の化学繊維です。

 絹は美しい光沢があり上品な印象を与え、着る時には軽く、身体になじみやすい特徴がありますが、湿気に弱く傷み易いという欠点もあります。

 木綿は普段の着物として着られることが多く、丈夫で、耐久性のある、しかも通気性、吸湿性に優れていて肌触りが良い特徴がありますが、縮み易く、しわになりやすいうえ、太陽に当たり過ぎると黄変する欠点があります。

 麻は通気性に優れていますが、染色の面では色が付きにくくまた、色落ちし易い生地で、弾力性がないためしわになりやすい欠点があります。

 綿麻は綿と麻の交織で、両方の良い面が生かされ、しわになりにくく吸湿性に富み、肌触り良く着やすい布です。羊毛は他の生地より温かく着られますが、虫に弱い欠点があります。

 ポリエステル類は保温性、吸湿性には劣りますが洗濯し易い等のメリットもあります。他の生地のものと比べると安価で、手入れなどもし易いため、普段に気軽に着られる着物です。

 着物の種類は、また、柄付けや工程の違いによっても分けられます。この柄付けや工程の違いが、着物の格にもかかわってきます。フォーマルな場に相応しい着物として挙げられるのが、黒留袖、色留袖、振袖、訪問着、附下、紋付きの色無地等で、主に絹を素材とした染めの着物です。

 中には染めの上に日本刺繍を施したものもあります。小紋、紬、木綿の着物、浴衣などはカジュアルな場に相応しいと言えます。 黒留袖は既婚女性の第一正装で、裾に模様が入っており、背中、両後ろ袖、胸元に合計5つの紋が入ります。結婚式で母親あるいは既婚の親族が着用する着物です。色留袖は5つ紋付きの場合は黒留袖と同格の第一礼装になり、既婚、未婚の別なく着られます。三つ紋や一つ紋など、紋の数を減らして、訪問着や附下と同じ様に用いる場合もあります。

 未婚女性の第一礼装は振袖です。絵羽模様と長い振袖が特徴で、成人式や結婚式、フォーマルなパーティ等に相応しい華麗な印象の着物です。訪問着は、絵羽と呼ぶ模様付けの着物で、最初に生地を採寸・仮縫いをして、絵を描いた後に再びほどいて染色します。模様が縫い目で切れずに一枚の絵のように仕上がります。

 準礼装として、他家への正式な訪問やフォーマルなパーティ等に着用します。附下は、縫い目に模様がかからず、着た時に模様が全て上を向くように柄付けした着物のことで、絵羽模様でないことから訪問着よりは格下とされています。お茶会や観劇、パーティの席に相応しい着物です。最近では訪問着とほぼ同格の華やかなものからカジュアルに着られるものまで幅広くあります。

 色無地の着物は、一色で染められた着物で、一つ紋をつければ、礼装として結婚式などのフォーマルな場でも着ることができる着物です。暗い色彩の場合には、黒い帯を締めることで、不祝儀の場に着ることもできます。

 喪服も特殊な用途の着物です。五つ紋をつけて着用します。 江戸小紋といわれる殆ど無地に見えるような染めや小紋は着物全体に同じ模様が繰り返し柄付けされた着物です。紬は絹織物の一種ですが、糸を染めてから反物に織り上げられるのが特徴で、先に糸を染め、その糸の組合せにより縞模様や格子模様を織り出したざっくりとした風合いが好まれて、長く着るほど身体になじみやすいといわれます。

 紬は製品になるまでに非常に手がかかることから高価な着物として知られますが、フォーマルな場では着用しません。

 着物はまた、季節によって分けられます。6月、9月は裏のない単衣、盛夏の7月、8月は絽や紗と呼ばれる薄い着物でその他の季節には袷を着ます。帯や帯揚げ・帯締めなどの小物類や、長襦袢など、装いは着物に合わせて季節毎に変わります。先に挙げた訪問着や附下、その他の着物もすべて夏の絽や単衣、袷の一揃いが必要になります。 着物買取の金額は、市場の需給等により決まりますが、昭和初期や大正時代の着物は昭和モダン大正ロマンなどといわれ、若い人にも人気です。

無料査定は簡単です

 着物の無料査定申しこみは簡単です。

 プロの着物鑑定士が最速30分で出張鑑定してもらえます。

 WEBからフォームに必要事項を記入して、「無料査定の申しこみ」ボタンを押すだけです。

 出張査定ですから、その場であなたの悩みに全部乗ってもらえます。もちろん出張費も査定費もすべて無料です。査定金額に満足したら、その場で即買取、お金をもらうことができます。

 

こちらから着物買取を相談してください。

着物買取の買取プレミアム