着物買取でアンティーク着物やリメイク着物を大事に使うための方法

着物大好きな着物ラバーが、古くなった着物をどうすればいいのかについて考えるブログ

着物買取りの豆知識!買取り出来ない着物って?:ウールの着物

「もう若向けになってしまって、自分が袖を通すことはなさそう」「身内に着物に興味のある人がなく、譲ることができない」「実家からもらったはいいが、ずっとタンスにしまいっぱなし」など、いろいろな理由で、着物の処分に困っている方は多いのではないでしょうか。

 そうした方で、「着物買取り」を考えて、買取をしている店を探している方も多いことでしょう。ですが、「着物買取り」と一言で言っても、「買い取ってもらえないものもある」ことはご存知でしょうか。以下、「買い取ってもらえないもの」にどんなものがあるか説明します。  

  •  「ウール素材のもの」  

 買取りできないものの代表格として、ウール素材のものがあります。その理由は、カジュアルすぎて、そして安価であるからです。とても高額の絹、伝統工芸品のものは、状態さえ良ければ問題ないのですが、ウールは大変安価であるため、逆に値段がつかないのです。しかも、ウールは頻繁に手入れをしないとすぐに傷んでしまう絹と違って、傷みにくいというメリットはあるのですが、普段着です。

 最近は着物は特別な場に着ていくものとなり、普段着に着る人はほとんどいなくなってしまいました。お茶やお花を習っている人も多いですが、ウールのものはそんな場でさえ着ることはマナー違反です。そのため大変需要が少なく、転売される場でも着用機会の少ないものとして扱っているのです。さらに大きな問題は、新品のものですら大変安価に手に入るということです。ですから、わざわざ専門店で古着を買うということは考えづらいでしょう。  

 もちろん、値段がつかなくても引き取ってもらえます。着物としてではなく、汚れていない箇所だけを取り出して、布地として再利用するのです。もし、思い出のあるもので、そうした再利用は気にかかる、という場合は、買取りではなくほかの手段を考えたほうが良いでしょう。  

 着物買取りの専門店ではなく、着物をサイドビジネスとして扱っているリサイクルショップ、または骨董を扱っている店を当たるのも手かもしれません。  

 

  • 「喪服」  

 ウールと同じくらい買取りできないケースが多いのは、喪服です。

 その理由は、着る機会がほとんどなく、市場での需要が極めて低いからです。振袖や留袖などは、成人式、結婚式、パーティーなどいろいろな場で着ることがありますが、喪服は冠婚葬祭でも、葬儀という極めて限られた場でしか着用しません。そうした場がほとんどないものですから、多くの買い手がつく、ということにならないのです。また、紋が入っていることが多いため、買取り手がつかないという場合もあります。  

 「汚れているもの、長襦袢」  買取りできないと拒否される要因の一つとして、胴裏の黄ばみ、汚れが挙げられます。これが意外と多いのです。着ているときには絶対に目につかず、持ち主も気づきにくい点ではあるのですが、やはり新品のものと比べると、印象がかなり違ってしまいます。特に昔の素材ですと、黄ばみの度合いもかなり激しくなります。

 そのうえ、シミやカビがありますと買取りはさらに難しくなります。シミやカビがあると、表地にもダメージがあるかもしれないと判断されてしまいます。裏地を交換することもできますが、交換にもそれなりに費用がかかり、買取り価格よりも高くついてしまったりしますから、考えものです。  

 また、下着として着用する長襦袢も、状態によっては買取りを拒否されます。長襦袢は下着であり、肌に直接触れるものであるだけに痛みが激しく、また汚れも多いのです。  「ほつれ、傷のあるもの」  基本的なことですが、ほつれや傷のあるものは買取り対象にはなりません。いくら高価でデザインが良くても、傷物は商品としては扱ってもらえないのです。 ただし、目立たない場所であり、損傷がそこまでひどくなければ、買い取ってもらえることもあります。

 例えば、そのほつれや傷が帯のかかる場所や、裏地である場合です。着物の状態を見極めてくれる専門のスタッフはたくさんいますから、一度しっかり鑑定してもらうとよいでしょう。  

  • 「サイズの小さいもの」

 買取りを拒否されるケースでかなり多いのが、サイズが小さいものです。なぜサイズが小さいと断られるかというと、買い取る人によっては、サイズ直しができない場合があるからです。うまく着こなすためには、その人の身丈に合わせてある程度サイズを調整する必要がありますが、すでにお直しされているなどの理由で、サイズが小さくなってしまっている場合、利用できる人が極めて少なくなってしまうのです。そのため、利用しがたいという理由で買取を断られてしまうことがあります。すでにお直しされている場合は、買取りできない可能性を考えておいたほうが良いでしょう。  反対に、サイズの大きいものは利用価値が高く、買取りをしてもらいやすくなります。プラス査定になる場合もありますので、サイズの大きなものは査定に出す価値があるでしょう。    

無料査定は簡単です

 着物の無料査定申しこみは簡単です。

 プロの着物鑑定士が最速30分で出張鑑定してもらえます。

 WEBからフォームに必要事項を記入して、「無料査定の申しこみ」ボタンを押すだけです。

 出張査定ですから、その場であなたの悩みに全部乗ってもらえます。もちろん出張費も査定費もすべて無料です。査定金額に満足したら、その場で即買取、お金をもらうことができます。

 

こちらから着物買取を相談してください。

着物買取の買取プレミアム