着物買取でアンティーク着物やリメイク着物を大事に使うための方法

着物大好きな着物ラバーが、古くなった着物をどうすればいいのかについて考えるブログ

着物買取りの際に買取って貰える着物の種類について:訪問着

 和装好きな人には、着物や和装小物などをたくさん持っている人が多いです。 自分も着物が好きで、特に少し古めの着物が好きだったのでいくつか持っていました。古めのもの以外にも何点も着物を持っていたので、そのときの気分によって着物と帯、小物類の合わせ方を変えてみたり、いろいろと楽しんでいました。

 ですが、あまりにも数が多くなりすぎて、置き場所や保管できるところがなくなってきたのでどうしたらいいだろう、と考えていたのですが、着物買取りの専門店に持ち込むことにしました。 専門店に持ち込むときにはいくつか確認しておくといいこと、それから用意しておくといいものもあります。

 まず、着物を持ち込むときは事前に着物の状態をしっかりとチェックしておきます。着物に、シミや色落ち、汚れていたり、虫食いがあったり、カビなどがないか、と確認しておきます。もし、シミや汚れ、カビなどがあったときは早めに着物専用のクリーニングをすることができるお店に持ち込みます。色落ちもリフォームなどに確認してみてもいいですし、虫食いなどもリフォームの専門店できれいにしてもらうといいです。 また、新品で身に着けたことがないもの、仕付けが付いたままになっている未着用のものなど、着たことがあまりないものほど高額査定をしてもらえることが多いです。有名な作家の着物や有名な産地の着物なども人気があり、需要があるので買取査定のときは高額になることがあります。

 これとは逆に高額査定を期待することができない着物などもあるといいます。シミや傷、汚れなどの傷みがひどいもの、喪服や真っ黒な無地の着物、それから羽織です。着物を着るときの下着になる長襦袢は買取りをしてもらうことはできないことがほとんどです。それからウールや化繊のポリエステルの生地などは高額査定になることがないといいます。

 着物買取りの専門店で高額査定になる着物は正絹のものです。正絹というのは、100パーセント絹でできた生地のことで、着物のなかでもこの正絹の着物が一番高級だといわれています。着物の生地でよく使われる生地を大きく分けると、絹、木綿、麻、それからウール、ポリエステルなどの化繊です。それぞれの生地の特長を活かして染織が施されており、着物や帯、和装小物に活用されています。 着物の取り扱いに慣れている人がきちんと保管をしているつもりのものでも、絹は経年劣化することが多く、一見するときれいに見えるのに、裏地が褐色になっていた、金銀彩、箔が変色してしまった、という場合もあります。なので、着ることのない着物がある場合は、劣化してしまう前に早めに買取査定に出すことが大切です。目安としては、どの買取店でも10年以内の着物の場合は 高く買い取ってくれることが多いです。

 10年以上の古い着物であっても、有名作家の作品や色、柄、保存状態がいいものであれば、高額査定になることもあるので、一度お店へ持ち込んでみるといいです。 高額査定につながる着物にはほかにも条件があります。生地の質だけではなく、サイズ、作家、産地、そしてそのときの流行の柄かどうかも関係があるということです。生地の質は先にも書いたように正絹であることが一番なのですが、作家や産地について詳しくいうと、加賀や京、越後上布、薩摩絣、丹波布、結城紬といった生地を使った着物は高額査定になることが多いです。

 作家は、人間国宝の作品などはもちろん高額査定になりますが、それ以外にも、工芸会や国画会の有名な作家の方のもの、老舗呉服屋の仕立物などは高額査定の対象になっています。 また、着物の種類も高額査定には関係があります。訪問着が一番高額査定になりやすいといわれており、次に振袖、紬、留袖、小紋、それから帯という順番で高額査定を期待することができるということです。訪問着は一番着物を着る人に需要があり、買手がつきやすいものでもあります。格が高い着物ほど、高額なものであっても欲しいという方がたくさんいます。

 さらに、希少性のある着物も高額買取されやすいといいます。 着物の格というのは、紋の数や合わせる帯と小物によって変わっていきます。正装、準礼装、略礼装で着用されるような着物が高額買取をされることが多いのです。 それから、着物買取りの専門店へ持ち込むときに忘れてはいけないのが証紙です。証紙とは、その着物の品質や産地などを証明するためにある用紙のことで、たとう紙に着物の端切れと一緒に入っています。なので、まずはたとう紙を確認するといいです。

 もしも証紙がなくなったときは証紙は織物工業組合などが発行しているので、もう一度発行し直してもらうことも可能です。 また、たとう紙も高額査定をしてもらうときには大切なものです。老舗呉服店のたとう紙に包まれているものなどは特に査定のときに買取金額が少し高くなることがあるといいます。なので、たとう紙なども確認をしておくといいです。 自分もたとう紙に入っていた証紙とたとう紙のおかげで、少し買い取りしてもらった価格が高くなったことがあるので、着物買取り専門店を利用するときは、絶対に忘れないようにしています。

無料査定は簡単です

 着物の無料査定申しこみは簡単です。

 プロの着物鑑定士が最速30分で出張鑑定してもらえます。

 WEBからフォームに必要事項を記入して、「無料査定の申しこみ」ボタンを押すだけです。

 出張査定ですから、その場であなたの悩みに全部乗ってもらえます。もちろん出張費も査定費もすべて無料です。査定金額に満足したら、その場で即買取、お金をもらうことができます。

 

こちらから着物買取を相談してください。

着物買取の買取プレミアム