読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物買取でアンティーク着物やリメイク着物を大事に使うための方法

着物大好きな着物ラバーが、古くなった着物をどうすればいいのかについて考えるブログ

着物買取と着物の種類について調べてみた:小紋

 着物は、普段なかなか着用する機会が無いため、せっかくの置物がタンスの肥やしになったまま、と言う事も少なくありません。

 そんな時には思い切って着物買取店にお持ち込みしてみるのはいかがでしょうか。 着物にも、洋服同様それぞれ格があります。

 振袖は、文句なく未婚女性の第一礼装。 既婚女性、20代後半ぐらいからの女性なら、黒留袖や色留袖が第一礼装になります。 そういう礼装でしたら、専門の着物買取店にも引き取ってもらえそうです。 でも実際によくお店に持ち込まれる事が多いのが「小紋」と呼ばれるお着物だそうです。 ちょっとした普段着にも良く、種類によっては正式な場でも使える「小紋」 今風のちょっと変わった柄から、昔ながらのおめでたい図案を使った物まで種類は色々。

 着物好きな方なら、数枚は持っている着物でしょう。 特徴としては、着物全体に同じ模様を柄付けされた物で、全体にびっしり柄が入っているものは「総柄」 とても華やかで豪華な印象で、色合いによってはちょっと普段使うには悩む事も。 無地の中に、ぽんぽんとポイントで柄があるものは「飛び柄」 こちらは無地の部分が多いので、ちょっと柄が大きいものでも割とさらっと着こなせます。

 いずれもお稽古着や普段着によく使われている着物です。 そして小紋の中でも格が高いものが「江戸小紋」と言われる着物。 遠目では無地に見える程小さな柄が入っており、代表的な物としては「鮫」「角通し」などがあります。 連続したドット柄ですが、染める場合には一枚の型紙をズレないように布の上に置いて柄を作るので、見た目のあっさり加減に比べて、染めるのはとても難しい作業だったりします。 この着物は、帯の種類や紋の入れ方次第でお茶会や入学式にも使えるし、普段着としても使える優れモノ。 無地の着物と同格だけれども、柄がある分遊び心も感じられてちょっと粋な気がします。 季節にも殆どこだわらずに着られるので、帯を色々変えて着回すにも丁度いい。 状態にもよりますが、着物買取店に持ち込んでも、未使用ならいいお値段で引き取ってもらえる事もあるそうです。

 この柄も、物によっては着る季節が大体決まっている物もあります。 「昼夜桜(ちゅうやざくら)」「橘」などのように、その季節に咲く花をモチーフにしたものは、同じぐらいの時期に。 「宝尽くし」は七福神が持ってるアイテムをデザインしたもので、それならお正月の時期。 「青海波(せいがいは)」は、「夏といえば海でしょう!」と言うことで、夏の時期に。 他にも様々な種類がありますが、いずれもその季節の特徴や縁起物に関係している柄のお着物です。 今風の柄でも、それぞれの季節を感じさせる柄の場合は、やはりその季節に着るのが「オシャレな人」と言う事です。 お洋服の場合と同じように、「季節を先取り」した方がよりオシャレになるとか。 桜モチーフなら、桜の咲く前から咲き始め頃まで。満開の時期には「本物の花には勝てないわ」と、次の花模様の着物を着る、と言う具合です。

 聞いた話では、「鮎の解禁日だから」とその日だけ鮎柄のお着物を着ていた方もいらっしゃったとか。 そこまで粋を極めたような着方は、あまりにも敷居が高すぎるので、細かいことは気にせず、なんとなく季節に合った柄を選べば着てる人も見てる人も楽しい着こなしになるかと思います。 特に季節関係なく着られるのが、前述した「鮫」「角通し」など、水玉模様のバリエーションで名前が変わる柄です。 基本が水玉で柄も小さいので、帯の柄や種類で印象が変わる便利な着物。 「行儀文様」など、本当に小さめの水玉模様なので、可愛い柄の帯と揃えればポップな雰囲気で可愛く着ることも出来ますし、渋い柄の帯を合わせれば、粋なイメージにもなります。

 着物買取の場合、小紋はそれほど高価買取してもらえるものではありません。 普段使われる事が多い分、シミ汚れなども付きやすく、裾や袖口もけっこう傷んでいる事も。 あまりにひどいと、お店に引き取っていただけない事もあります。 その場合でも、ネットオークション等で状態を説明してのお取引なら、買取りたいという方もいらっしゃいます。

 着物買取店で断られたら、そちらを使うという手もあります。 しかし、最近の着物ブームのおかげで、着物買取専門店に持ち込めば、人気の柄などはけっこういい値で引き取って頂けることもあるようです。 幸い小紋は柄に隠れてシミが隠れやすいので、柄が気に入れば小さなシミはあまり気にしないで着て下さる方や、着付けの練習用に汚れても気兼ねがない物を安く手に入れたい、という方もいらっしゃいます。

 タンスの肥やしになって邪魔。 かと言って着物を捨てるのはあまりに忍びない。 そんな時には、まず近所の買取店を探してみるか、近所に無ければネット上で引取りをしてくれるお店を探してみるのも良いのではないでしょうか。 それでもダメならネットオークションに出してみてはいかがでしょう。 いずれも職人さん達の力作です。 無駄にはしたくないですよね。

無料査定は簡単です

 着物の無料査定申しこみは簡単です。

 プロの着物鑑定士が最速30分で出張鑑定してもらえます。

 WEBからフォームに必要事項を記入して、「無料査定の申しこみ」ボタンを押すだけです。

 出張査定ですから、その場であなたの悩みに全部乗ってもらえます。もちろん出張費も査定費もすべて無料です。査定金額に満足したら、その場で即買取、お金をもらうことができます。

 

こちらから着物買取を相談してください。

着物買取の買取プレミアム