着物買取でアンティーク着物やリメイク着物を大事に使うための方法

着物大好きな着物ラバーが、古くなった着物をどうすればいいのかについて考えるブログ

着物買取りの際に買取って貰える着物の種類について:黒留袖

着物が好きなので、着物を数十点、和装小物も数点もっています。

 

年齢的に似合わなくなったものやあまり使わないものなども出てきたので、一度着物買取りの専門店で査定をしてもらって、買い取ってもらうことにしました。

着物買取りの専門店を利用するのは一度だけあったのですが、どんなことに気をつけたらいいのかということなどをしっかりと確認をしてから持ち込みました。 着物買取りの専門店へ持ち込むときには、まずは保存状態をチェックしておきます。

 チェックするのは、シミや色落ちがないか、汚れていたり、傷があったり、虫食いで穴があいていないか、カビなどがないか、というところです。これらがあると、その着物の価値がかなり目減りしてしまうので、普段からきちんとお手入れをしておくことが大切です。なので、着ることのない着物や使うことがなくなった和装小物などがあれば、劣化してしまう前に早めに買取査定に出すことが大切です。 買取専門店で高額査定になるものは、

 まず、未使用、正絹の生地のもの、シミや汚れがないもの、有名作家の作品、有名な産地の生地を使ったものなどです。 これらとは逆に高額査定にならないものもあります。

 先にも書いたように、シミや傷があるものや、喪服、真っ黒な無地の着物、羽織、それから着物を着るときには下着の扱いになる長襦袢です。また、ウールや化繊のポリエステルの生地のものなどは買取そのものをしてもらえないといいます。買取店によっては小額になりますが、買取をしてもらえる場合もあります。

 保管状態のよいものほど高額査定になりますが、目安はどの買取店でも10年以内の着物になります。ごくたまにですが、10年以上の古い着物であっても、有名作家のものや色柄、保存状態がとても良いものであると判断されたときは、高額査定になることもあるということです。 また、着物の種類やサイズ、作者をチェックしておきます。

 生地の質は、正絹でないものは高額買取に対象にはなることはないです。化学繊維のものでも買い取ってくれるお店はありますが、小額での買い取りになるので、本当に安い価格になってしまいます。リサイクルのために利用する程度なので、高額査定になるというのはないです。ちなみに、正絹の生地の場合、絹の重量を示す匁という単位の数字が大きいほど高額査定につながっていくといわれています。なので、正絹の着物は大きめのものを買い取り専門店へ持っていくようにするといいです。

 自分もサイズが小さいものもありましたが、それは仕立て直すことができる状態のものだったので買い取ってもらうことができました。小さくて仕立て直しができない状態のもの、それから特殊なサイズのものは買い取ってもらえない可能性のほうが高いです。身丈が160センチから、裄丈が65センチからのものなら問題なく、買い取ってもらうことができると考えていいです。

 作家などは人間国宝のものはもちろん、工芸会のもの、国画会の有名な作家の作品、老舗呉服屋の仕立物などは間違いなく高額査定をしてもらえます。ほかにも生地の産地なども高額条件の条件として大きいです。 着物の種類でどんなものが高額査定の対象になるのか、というと、訪問着が一番高額査定になりやすいといえます。次が振袖、紬、留袖、小紋、帯という順に高額査定になるということです。

 ただし、流行から外れた人気のない色であったり、流行の柄とは違う着物の査定額は低くなってしまうこともあるといいます。 このなかでももっとも格式の高い着物であり、礼装として用いられているのが留袖です。裾の部分に絵羽模様という縫い目をまたいで広がる模様があるのが特徴であり、地色が黒い黒留袖、それ以外の色の色留袖というものがあります。この二つのなかでもより格調が高いのが黒留袖です。

 黒留袖の方が色留袖よりも人気があり、需要が多く、安いものも含めて数が多いといわれています。 なので、どちらの留袖も高額査定を期待することができます。 自分が持っていた黒留袖はまだまだ着ることができるので買い取ってもらうことはしないですが、色留袖であまり着なくなったものは買い取ってもらいました。しっかりと保管状態にしておき、さらに加賀友禅のものだったので高額で買い取ってもらうことができました。とてもよい品物なので、一度か二度くらいしか着ていなかったのですが、高額査定をしてもらえてよかったです。

 着物買取の専門店へ持ち込むときには証紙の有無をチェックも忘れてはいけないです。 証紙とは、品質や産地などを証明するためにある用紙のことで、織物工業組合などが発行しています。もしこの証紙が見あたらないときには、織物工業組合などで発行しなおしてもらうといいです。大体の場合はその着物の端切れと共に、たとう紙の中に入っています。老舗呉服屋のたとう紙に入っているだけでも買い取り査定の金額にはよい影響があるので、たとう紙に包んで持ち込むようにするといいです。