読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物買取でアンティーク着物やリメイク着物を大事に使うための方法

着物大好きな着物ラバーが、古くなった着物をどうすればいいのかについて考えるブログ

着物買取と着物の豆知識:アンティーク着物とは

 着物が好きな人は着物や和装小物が多いので、保管場所に困っているという人もいます。 自分も着物が多くて保管するときに悩んでいたのでどうしようかと思っていました。和装小物なども数が増えてしまってあまり使わなくなったものもあるので、思い切って着物買取の専門店に持ち込むことにしました。

 着物買取の専門店では、未使用のもの、シミや汚れのないもの、有名作家の作品、有名産地のものや丈が長い着物が高額査定をしてもらえる可能性が高いです。 基本的に買取専門店では買い取りすることができる着物の生地が決まっています。

 まず、高額査定の対象になるのは正絹です。 正絹というのはシルク、つまり絹100パーセントでできている生地のことです。着物に使われる生地を大きく分けると、絹、木綿、麻、ウール、ポリエステルなどの化繊になります。

 それぞれの生地の特長を活かした染織が施されたうえで着物や帯、和装小物に活用されています。 着物買取の専門店に持ち込む前にチェックしておくといいことがいくつかあります。

 まず、シミや色落ち、汚れ、虫食い、カビなどがないかを確認します。それらがあると買取査定のときに価値がかなり目減りしてしまうことがあるので、普段の取り扱いに注意が必要です。きちんと保管をしているつもりでも、絹は経年劣化してしまうものです。一見きれいな状態でも、裏地が褐色になっていたり、金銀彩や箔が変色していたりすることもあります。

 着ることがない着物があるときは劣化してしまう前に、早めに買取査定に出すようにするといいです。 着物買取の専門店ではアンティーク着物なども買い取っています。アンティーク着物とは、昭和初期以前に作られた着物のことで、その中でも特に状態が良好な物だといわれています。

 アンティーク着物は、それだけ古い品なのに状態が特によいものなので、自然と価格面においては高額な値段になってくるのは当然だといえます。アンティークの家具などと一緒だと考えるとわかりやすいです。

 アンティーク着物のよさは、近年作成された着物と比較すると味わい深いものがあり、また、長い時間をかけて独特の空気感を持つようになっているのでとても美しいものが多いというところです。 自分のアンティーク着物でお気に入りのものがいくつかあったのですが、それもあまり着なくなってしまったので買取専門店で査定をしてもらいました。これは保管状態がとてもよかったので高額査定をしてもらえたのでよかったです。 高額査定ができる着物は保管状態がとてもよいものが多いです。

 着物は着た当日のお手入れがとても大切です。 着物を脱いだらすぐに汚れやしみなどがないかを確認する癖をつけておくといいです。汚れやしみなどをそのまま放置しておくと、カビや黄ばみの原因につながってしまうので、その着物の価値が低くなってしまいます。家庭でしみなどを落とすときにはベンジンなどを使ってしみ抜きをすることは可能ですが、失敗するリスクもあるので、そう考えるとプロに任せた方が無難だといえます。

 まず、着物を脱いだらすぐに着物用のハンガーに掛けておきます。もし着物用のハンガーがないときは、柄の長い着物用ハンガーを使うといいです。天日干ししてしまうと生地が変色してしまう可能性もあるので、風通しのよい日陰で陰干しをするようにします。このように干しておくことで汗や湿気を飛ばすことができ、それとともにしわをとることができます。 このとき、布目に沿ってきれいな布や専用ブラシで汚れを払っておくようにするといいです。

 このようなこまめなお手入れが高額査定のきっかけになることがあります。 最後に着物をたたんで仕舞うときには、折り目に沿って着物をたたむようにします。乱雑にたたんでしまうと着物に変な折りじわがついてしまうので、次に着るときにきれいに着ることができなくなってしまうので注意です。

 また、絹やウールは動物性の繊維です。虫がついてしまうこともあるので、着物に直接当たらないように気をつけながら防虫剤をセットして保管しておくようにします。 着物はめったに洗うことはないですが、半衿や足袋、長襦袢などの肌着はこまめに洗うようにします。半衿はポリエステル製のものなら家庭で洗うことができるので、使ったら洗うようにするといいです。洗わずにそのまま着物と一緒に仕舞ってしまうと、カビなどの原因になることがあります。きちんとお手入れをして仕舞うようにすることが大切です。

 着物買取の専門店に持ち込むときには着物のサイズも重要です。小さすぎるものや特殊なサイズのものは買い取りしてもらうことができない場合もあります。なぜなら、小さすぎるものや特殊なサイズのものはリサイクルの生地くらいにしかならないことが多いからです。ですが、誰でも着ることができるサイズに仕立て直すことができる状態になっている着物は買い取ってくれる場合があるので、一度持ち込んでみるといいです。