着物買取でアンティーク着物やリメイク着物を大事に使うための方法

着物大好きな着物ラバーが、古くなった着物をどうすればいいのかについて考えるブログ

着物買取り時あったら良い物について:着物や帯の証明書

 着物が好きなのでいろいろな着物を持っていたのですが、数が多すぎてきちんと保管をすることができなくなったのでどうしようかと迷っていました。

 捨ててしまうのはもったいないですし、そのまま保管をしておくにも場所がなくて困っていました。なので、思い切って着物買取の専門店に持ち込んで買い取ってもらうことにしました。

 着物買取の専門店では、どんな素材や柄、種類だったとしても需要があるものであれば、その品物は売れると考えて買い取っているといいます。需要が多く、供給する数が足りないものほど査定が高額になることが多いといわれています。

 また、着物買取の専門店で買い取ってくれる生地は、正絹であることが重要です。正絹の着物は買い取り価格が高額になることが多く、ウールや化学繊維のポリエステルなどの生地で作られている着物に高額査定がつくことはないということです。 着物で一番高い素材は絹、つまりシルクの着物です。そのシルクのなかでも混じりけのない100パーセントの絹で作られている生地のことを正絹といいます。

 正絹は匁という単位で重さを表しているのですが、その数値が大きいほど価値があるといわれています。買取専門店は少しの汚れなどがあっても正絹の着物であれば買い取りをしてくれますが、一方でそれ以外の素材については買取をしていないという専門店も多いということです。

 また、最近はシルクのようなイメージで作られたポリエステルを素材にして作った着物も人気があります。しかし、買い取り専門店などでは買取の対象外になることが多いです。 着物のサイズが小さいと買取の対象になることがない場合もあります。なぜなら小さいサイズや特殊なサイズの場合、リサイクル用の生地にしかならないので買い取ってくれないこともあります。ですが、価格はかなり低くなりますが買い取ってくれるお店もあるので、一度お店に持ち込んでみるというのもいいです。

 小さいサイズに作ってあるものだったとしても、誰でも着ることができるサイズに仕立て直しできるという状態であれば問題なく買い取ってもらうことも可能です。 日本人の標準体型から算出してえみると、身丈は165センチ前後、裄丈は67センチ前後あたりのサイズが理想的だといえます。

 そのくらいの大きさであれば買い取ってもらうことができるということです。 ほかにも、着物の作家も大切です。人間国宝の作品などはもちろん、工芸会や国画会の有名作家の着物、それから老舗呉服屋の仕立物などは高額査定になることが多いです。 着物にも手縫い仕立てとミシン仕立てというものがあるのですが、どちらが高額査定がつきやすいのかというと、やはりそれは手縫い仕立てのほうがいいということです。その理由は、仕立直しをしたときに残る針の穴などの後です。

 手縫い仕立ての場合はあまり目立たないのですが、ミシン仕立ての場合は針の穴などの跡がくっきりと残ってしまうことが多いのです。 ほかにも着物は産地なども査定に影響します。加賀友禅京友禅越後上布、薩摩絣、丹波布、結城紬といった産地によって、査定金額が違ってくることもあるのです。

 流行の着物の柄や色以外の場合は買取価格があまり高くなることがない場合もあります。そこで、できるだけそのときの流行の柄や色のものを持ち込むようにするといいです。

 着物にはいくつか種類がありますが、種類でいうと一番高額になるのは訪問着が一番高額になりやすいといえます。その次は振袖、紬、留袖、小紋や帯の順で高額査定を期待することができます。 着物買取の専門店に持ち込むときには証紙の有無をチェックしておくことも大切です。証紙というのは品質や産地などを証明するためにある用紙のことで、証紙があるかないかで着物の査定額はかなり大きく変わるのです。もし証紙が見あたらないときは、織物工業組合などが発行しているのでもう一度発行してもらって、買い取ってほしい着物と一緒に持ち込むようにします。 大体はその着物の端切れと一緒にたとう紙の中に入っています。そのため、事前にチェックをしておくといいです。

 たとう紙も大切なものです。老舗呉服店などの着物の場合、そのお店のたとう紙で包まれているだけで、着物の査定金額が変わってくることもあるのです。 着物を買い取ってもらうときには万全の状態で着物買取をしてもらうようにしておくようにします。

 着なくなった着物の証紙をもう一度発行してもらうのは面倒でしたが、きちんと発行してもらってから着物買取の専門店へ持ち込んだところ、自分が考えた着物の金額よりも少し高くなりました。

 やはり事前に必要なものを準備しておくことはとても重要だと思いました。 着物買取の専門店を探すときには、着物の知識があり、買取の実績がある鑑定士がいるお店を選ぶように気をつけました。きちんと査定をしてほしいので、お店のサイトなどで確認をするといいです。