着物買取でアンティーク着物やリメイク着物を大事に使うための方法

着物大好きな着物ラバーが、古くなった着物をどうすればいいのかについて考えるブログ

着物買取の豆知識:アンティーク着物とは

 着物好きな人は着物や和装小物なども何点も持っているものですが、自分も着物をたくさん持っていて、そのときの気分で着ていました。

 年齢的にあまり合わなくなってきたと感じる柄の着物や多すぎてあまり使わなくなった和装小物などがあるので思い切って捨ててしまおうかと思ったこともありました。よい状態のものは着物買取の専門店へ持ち込んで査定をしてもらい、買い取ってもらえない状態のものは日常で使用できるものにリサイクルした以外のものは捨ててしまったことがあります。

 多すぎる着物などをすっきりとさせることができたので、着物買取の専門店へ持ち込んでよかったと思っています。 着物買取の専門店では基本的に買い取ることができる生地がある程度決まっています。まず、生地は正絹であることが前提です。正絹とは絹、つまりシルクの割合が100パーセントで作られている生地のことです。 着物に使われる生地は、大きく分けると、絹、木綿、麻、ウール、ポリエステルなどの化繊といったものです。

それぞれの生地の特長を活かした染織が施され、着物や帯、和装小物に活用されています。そのなかでもっとも多く使用されることが多いのが絹なのです。特に正絹を使った着物は高額買取の対象となります。 着物買取の専門店に持ち込まれるもので、高額で買い取りすることができないものもあります。

 それは、喪服、真っ黒な無地の着物や羽織、それから着物を着るときに着用する長襦袢です。長襦袢は直接肌に触れるものであり、いわば下着としての扱いになるので買い取りそのものができない可能性が高いです。

 また、しみやキズ、汚れなどがあり傷みがひどい状態のもの、ウールや化繊のポリエステルの着物なども買い取りを期待することができない場合もあります。

 ただし、買取店によってですが、小額になりますが査定を出してくれるところもあるということです。 買取専門店へ持ち込む着物は基本的に10年以内の着物であること、と考えるといいです。

 たとえ10年以上の古い着物だったとしても、有名作家の作品であったり、色や柄、保存状態がよいものの場合は高額査定になることもあります。なので、一度持ち込んでみるのもいいかもしれないです。 着物好きの方にはアンティーク着物を集めているという人もいます。自分もいくつかアンティーク着物を持っていました。 アンティーク着物とは、昭和初期以前に作られた着物の中でも特に状態が良い物のことです。

 それだけ古い品なのに状態が特に良い物というのはやはり自ずと価格面においては高額な値段になってくるのは家具などと同じです。アンティークな和服の魅力は、近年に作成された着物と比較すると味わい深いものがあり、長い時間をかけて独特の空気感を持つようになった、とても美しい着物であるということです。

 着用する機会が減ってきているので、せっかくアンティーク着物を持っていてもただ長いこと収納したままなっているものが何点かありました。そのようなことはもったいない気がして、思い切って着物買取の専門店へ持ち込んで買い取ってもらいました。

 お気に入りだった着物も高額査定されたので買い取ってもらってよかったです。

 買取専門店へ持ち込むときには保管状態がよいものであることも高額査定を期待することができるひとつのポイントです。 着物は汚れやシミをそのまま放置しておくと、カビや黄ばみの原因につながってしまうので、着物を脱いだらすぐに着物を確認する癖をつけておくことが大切です。シミなどはベンジンなどを使うことでしみ抜きをすることは可能です。

 しかし、失敗するリスクを考えると、やはりプロに任せたほうがいいといえます。 着物を脱いだらすぐに着物専用のハンガーに掛けておくようにします。着物用のハンガーがないという人は柄の長い着物用ハンガーを利用しておくといいです。

 天日干しすると変色する可能性があるので、風通しがよい日陰で陰干しします。 そして布目に沿ってきれいな布や専用のブラシで汚れを払うようにしておきます。 これも高額買取に大切なことなのできちんとしておくことが大切です。

 また、お手入れの後は折り目に沿って着物をたたんで保管をしておきます。 絹やウールは動物性の繊維なので虫がついてしまうこともあります。そこで、着物に直接当たらないように防虫剤をセットしておくことも忘れないようにします。 着物を着たときに使った和装小物はその都度洗うようにしておきます。半衿、足袋、肌着などはこまめに洗うようにしておくことで長く使うことができます。半衿はポリエステル製のものなら家庭で洗うことができるので手洗いをしておくといいです。洗わずに着物と一緒にしまってしまうとカビなどの原因につながるのできちんとお手入れをするようにします。

 着物買取の専門店を利用するときには着物の知識が豊富で買取の実績がある鑑定士がいるお店を選ぶようにしておくといいです。

無料査定は簡単です

 着物の無料査定申しこみは簡単です。

 プロの着物鑑定士が最速30分で出張鑑定してもらえます。

 WEBからフォームに必要事項を記入して、「無料査定の申しこみ」ボタンを押すだけです。

 出張査定ですから、その場であなたの悩みに全部乗ってもらえます。もちろん出張費も査定費もすべて無料です。査定金額に満足したら、その場で即買取、お金をもらうことができます。

 

こちらから着物買取を相談してください。

着物買取の買取プレミアム