読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物買取でアンティーク着物やリメイク着物を大事に使うための方法

着物大好きな着物ラバーが、古くなった着物をどうすればいいのかについて考えるブログ

高額で着物買取りの基礎知識:大きめの着物かどうか

 着物好きの人はたくさんの着物や帯、そして和装小物などを持っていることが多いです。

 ですが、年齢によって柄や色などが合わなくなることもあります。そんなときには捨ててしまうよりも、着物買取の専門店に持ち込むようにしています。保管状態が悪くて虫食いがひどいものなどは一度着物専用のクリーニングなどに出してから、リフォームできるお店へ持ち込んできれいにしてから持ち込むようにしています。 着物買取に持ち込むときには、事前に着物の状態をチェックしておく必要があります。

 着物はきれいな状態のものほど高額査定をしてもらえることがあるので、できるだけきれいにして持ち込むようにします。着物は保管状態によっては虫食いや穴あき、しみや汚れなどがいつの間にかできていることがあります。

 なので、そのようなときは、着物買取の専門店に持ち込む前にきれいにしておくようにします。 着物は季節や年齢によって生地や柄などを選ぶことができますが、買い取り専門店へ持ち込むときには季節にあった着物を選んで持ち込むといいです。 買取専門店では新品や仕付けが付いた未着用のものなどが高額査定をされることが多いです。

 ひとつの目安として、どんな買取店でも10年以内の着物であれば高く買い取ってくれます。また、どんなにきちんと保管をしていたとしても、絹は経年劣化してしまうものです。一見綺麗に見えても、裏地が褐色になっていたり、金銀彩、箔が変色していることもあります。

 なので、そのようなことになってしまう前に着ることのない着物があるときは、早めに買取査定に出すことが大切です。 着物にも洋服と同じようにサイズというものがあります。着物買取ではここをチェックして買い取ることができるかを判断しているところもあります。サイズの小さすぎるもの、特殊なサイズの着物の場合、買い手がつくことがあまりないのでリサイクル用の生地にしかならない場合が多いのです。ですが、お店によっては買取価格はかなり低くなりますが買い取ってくれることもあるので、一度査定に出してみるのもいいです。

 また、誰でも着ることができるサイズに仕立て直すことができるようになっているものは問題なく買い取ってもらうこともできます。 それから買い取り専門店で買い取ってもらえる着物の素材というものもあります。生地は正絹でなければ高額買取の対象になることはないです。ウールや化学繊維のポリエステルの生地で作られている着物に高額査定がつくことはないです。もちろん、ポリエステルなどの着物も買い取ってくれるお店もありますが、高額査定になることはないといえます。

 ちなみに正絹の着物は絹の重量を示す匁が大きいほど高額査定につながるといわれています。なので、正絹の着物で大きいサイズのものほど高額査定になるのです。 着物は作家が誰か、ということやどこの産地かということなども大切です。 作家については人間国宝の作品などは特に高額査定をされますが、工芸会、国画会の有名作家の着物、老舗呉服屋の仕立物といったものなども高額買取の対象になるといいます。なので、着物の作家が誰なのかを事前にきちんと確かめておくようにするといいです。

 また、産地は加賀友禅京友禅越後上布、薩摩絣、丹波布、結城紬といった有名な産地のものほど高額査定をしてもらえます。着物にも流行があります。そのときの流行から外れている色や柄などの着物の査定金額は低くなってしまうことがあります。なので、早めに流行についても考えておくことが大切です。 ほかにも、着物の種類では訪問着が一番高額査定になりやすいといえます。

 その次に、振袖、紬、留袖、そして小紋、帯という順番で高額買取を期待することができます。 買い取り専門店に持ち込むときには着物を包んでいるたとう紙も大切です。たとう紙は老舗呉服店などのものだと、それだけで着物の買い取り査定によい影響がある場合もあります。

 また、証紙があるかないか、ということもとても大切です。証紙というのは、品質や産地などを証明するための用紙のことです。証紙が有るか無いかで着物の買取査定額というものはかなり大きく変わっていくので、買取店に持ち込む前に確認しておくようにするといいです。 査定に出すときにはたとう紙と証紙の両方を忘れずに確かめるようにします。もし証紙が見あたらないというときでも、

 証紙は織物工業組合などが発行しているので、もう一度発行してもらうこともできます。大体は着物の生地の端切れとともにたとう紙のなかに入っているので確認してみるといいです。 着物と一緒に和装小物なども買い取り専門店に持ち込むと高額査定につながることがあります。帯や下駄、足袋はもちろん、草履、扇子、根付、帯締め帯揚げ、簪なども一緒に査定に持ち込むと、着物の査定に色をつけてくれる場合もあります。 買取をしてもらうときに扇子と下駄、根付の使わなかったものを一緒に持ち込んだのですが、それらもしっかりと査定をして買い取ってくれました。