読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物買取でアンティーク着物やリメイク着物を大事に使うための方法

着物大好きな着物ラバーが、古くなった着物をどうすればいいのかについて考えるブログ

着物買取と着物の豆知識:着物の素材と買取価格の関係

 着物が好きな人は着物をたくさん取り揃えて、帯や小物類を合わせることでいろいろな着こなし方をして楽しんでいる人が多いです。

 自分も和装が好きだったので、着物を何点かと帯を数種類持っていました。ですが、年齢が上がるにつれて、あまり似合わないようになった着物や帯がいくつかありました。 捨ててしまうのはもったいないし、思い切って誰かにあげてしまうのも考えましたが、やはり着物買取の専門店に持ち込むことにしました。

 何点かあったので、重かったですが、プロの方がしっかりと査定をしてくれて品物にあった買い取り価格を提示してくれたので安心して買い取ってもらいました。 着物買取の専門店に持ち込むときにはいくつか気をつけるといい点があります。

 まず、大前提として需要があれば売れると考えていいです。どんな素材や柄、種類の着物であっても、需要があればその商品は売れるので買い取ってもらえることが多いです。 買取専門店に持ち込むときには、着物の状態を確認することが大切です。

 生地に虫食いの穴があったり、しみ、汚れ、ほつれなどがないかを確認します。そしてもしそのような状態のところがあったら、着物専用のリフォームのお店へ持ち込んだり、着物専用のクリーニングをしてくれるお店へ持ち込んできれいにしておくようにすることが大切です。きれいな状態にすることで査定の結果が変わってきます。

 また、前提として素材は正絹であることが買い取りの条件になります。着物買取の専門店では正絹以外の生地のものは基本的に買取をしていないといいます。 着物で一番高額の素材は絹、つまりシルクの着物です。その中でも混じりけのない100パーセント絹でできている素材を正絹といいます。

 正絹の重さを表す単位は匁といい、匁の数字が多いほど重くなっていき、その着物の価値が高いと考えていいということです。 着物買取の専門業者では、多少の汚れなどがあっても正絹であるのなら買い取りをしてもらえることが多いです。

 ですが、それ以外の素材は買取をしていない店舗も多いということです。 シルクのようなイメージで作られたポリエステルの着物なども最近は人気がありますが、買取専門店などでは買取対象外になることのほうが多いです。

 なので、正絹の生地で作られた着物であることがわかるように持ち込むようにします。もし着物がどんなもので作られているのかわからない場合は、一度買い取り専門店に持ち込んでみるといいです。 着物の生地がどんなものかわかないことはあります。たとえば、祖母や親族からもらったものなどで、きちんと証明されるものがついていないものなども持っている着物にあったのですが、それは一度、買取専門店へ持ち込んで査定をしてもらいました。

 数点あったうちのひとつは見た瞬間に正絹ではないのでこちらは買取できないです、といわれました。確認してみるとシルクのようなポリエステルで作られたものでした。自分ではうっかりと気づかなかったのは恥ずかしかったですが、いい勉強になりました。 正絹の着物などは包んであるたとう紙に証紙がついており、どこのものなのか、産地や生地などを証明することができるものがある着物が多いです。なので、あらかじめ確認をしておくといいです。

 買取専門店で高額査定を期待することができる着物は、正絹以外にも、未使用である、シミや汚れのない、有名作家の作品、有名産地の着物である、丈が長い着物などです。 また、高額査定を期待することができない着物は、シミや傷、汚れなど傷みがひどいもの、喪服、真っ黒な無地の着物や羽織、そして長襦袢です。長襦袢はいわば着物を着るときの下着なので買い取ることができない場合がほとんどです。ウールやポリエステルの着物は買取は拒否されることがありますが、買取店によっては小額になりますが査定を出してくれる場合もあるということです。

 それから、着物の大きさによっては買取不可になるものもあります。たとえば、小さすぎるものや特殊な大きさのものなどです。小さなものだとリサイクル用の生地にしかならないので、もし買取してもらえたとしても価格はかなり低くなるということを理解しておく必要があります。ですが、誰でも着ることができるサイズに仕立て直しできる状態のものであれば問題なく買い取ってもらうことができるということです。 これはあまり知らない人もいるのですが、証紙が有るか無いかで着物の査定金額はかなり大きく変わってきます。

 もしも証紙が見あたらないときは、着物の証紙は織物工業組合などが発行しているので、もう一度発行をしてもらうようにするといいです。 また、着物買取店では着物の他にも、帯、下駄、足袋、草履、扇子や根付、帯締め帯揚げ、かんざしなどの和装小物なども一緒に買い取ってくれます。これらを着物とセットにして買取店に持ち込むと、高額査定をしてもらえる可能性が高いということです。