読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物買取でアンティーク着物やリメイク着物を大事に使うための方法

着物大好きな着物ラバーが、古くなった着物をどうすればいいのかについて考えるブログ

着物買取と着物の種類について調べてみた:色留袖

 和装が好きで、いくつか着物を持っていたのですが、やはり年齢に合わなくなったり、自分の好みが変化してあまり着なくなった着物や使わなくなった小物類などがあったので、思い切って着物買取のお店へ持ち込んだことがあります。

 着物買取では専門の鑑定士がひとつひとつをきちんと査定してくれて、その品物にあった買い取り価格を提示してくれるので安心して買い取ってもらうことができました。

 着物買取に持ち込むときには、事前にチェックしておくといいことがあります。

 まず、着物は汚れやしわ、しみなどがないか、ほつれがないかを確認しておきます。そして、もし汚れなどがあった場合は、着物専用のクリーニングをしてくれるお店へ持ち込んできれいな状態にしてから買取店へ持ち込むといいです。

 着物は季節によって、柄、色、着物の生地なども違うので、その季節にあったものを持ち込むようにします。このとき、小物類などもセットにして持ち込むと、高額査定をしてもらえる可能性があるということです。

 買取店では正絹で美品であれば、多少の値段の差はあっても大抵の場合は買い取ってもらえます。その中でも留袖はほとんどのものが買い取りしてもらえることが多い着物だといわれています。

 その理由として、市場では留袖の需要が比較的高いということ、そして振袖などと同じくらい、それなりの価格で売買が成立するから、ということです。

 留袖は大きく2種類にわけることができます。

 黒留袖とそれ以外の色に染められている色留袖です。 色留袖の特徴は、座ったときに卓上から見える上半身に絵柄がないということです。

 女性の第一礼装として知られていますが、実は、5つ紋ならば、という条件がつきます。3つ紋は準礼装、1つ紋は略礼装、というように、格が変わっていきます。 最近は着用する人を広げるために、あえて1つ紋や3つ紋に留めて、訪問着よりはやや格が上の外出着として考えて、着ることができる範囲を広げている人もいるといいます。

 なので、着物を買い取るお店側としても、人気が高い色留袖なども買い取ることが多くなっているのです。 買取店に持ち込むときにはセットにして持ち込むといい、と書きましたが、どのようなものを一緒に持ち込めばいいのかがわからないという人も多いです。