読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物買取でアンティーク着物やリメイク着物を大事に使うための方法

着物大好きな着物ラバーが、古くなった着物をどうすればいいのかについて考えるブログ

着物買取と着物処分とは?

着る機会のないタンスにしまったままの着物を片づけたい、または遺品整理などで大量の着物処分しなくてはならない場合、ただのゴミとして捨ててしまうのはもったいないものです。

 思い入れがあればなおさら処分するにはしのびなく、勇気がいると思います。そんな方におすすめしたいのが着物買取です。 昨今着物の価値が見直され、需要が高まっていることもあり、着物買取を行っている業者が多数存在します。

 ただし様々な品を扱う普通のリサイクルショップでは残念ながらほとんど値がつかないので、必ず専門業者をあたるようにしてください。

 着物は洋服と異なりデリケートで、美しい刺繍部分は特に傷みやすい箇所です。ほとんど新品のように見えても、置いておくだけで変色や黄ばみが起こり自然と劣化するものであり、時間が経つとともに価値が下がってしまいます。美品のまま保つというのは大変難しいので、今後着る予定が無いのであれば傷んでしまう前に思い切って処分したほうがよいでしょう。

 母や祖母から着物をもらった場合、自分では着物の価値や相場がわからず、どのような着物が買い取り対象なのかいまいちかりにくいという方もいらっしゃることでしょう。正絹で状態の良い着物や有名作家の作品、友禅や結城紬などの有名産地で証紙付の高級着物であれば高値で買い取ってもらえますが、元々が安い品物であったり、汚れていたり虫食いがあると価値は下がります。

 着物買取と着物処分の違いは状態の良し悪しで決まります。

 高額買取の条件としては、正絹で保存状態が良く傷みが極めて少ないもの、伝統工芸品であれば証紙があること、有名作家の作品であること、仕立て直しができる大きさのもの、人気の色や柄であること、10年以内の新しい方ものが良いとされています。格の高い着物、着る機会が高い訪問着をはじめ、振袖や紬、留袖、小紋、帯などは値がつきやすいと言われています。

 つまりクリーニングや仕立て直すことで、また着られるものとして需要があるかどうかで判断されています。購入時どれだけ高額だったとしても、流行遅れのデザインや色で売れないと判断されれば査定額は下がってしまいます。

 目に付く場所に汚れや傷があったりすると査定額は大幅ダウンとなってしまいますが、捨ててしまえば1円にもなりませんし、量が多ければ処分代がかかることもあるかもしれませんので、価値がわからなくてもダメ元で買取可能かどうか問い合わせをしたり、査定を依頼してみたほうがよいでしょう。

 

 査定の結果、値が付かなかった着物は無料引き取りという形で処分ということになりますが、全く無駄になるということはありません。

処分扱いになった着物もリサイクルされるのです。たとえば丈の短い小柄な人用に仕立てられた着物であっても子供用として仕立て直すこともできますし、傷みのない部分を除けばハギレとして活用されます。ハギレはバッグや小物、人形の服などの洋裁の材料として需要があり、ネットオークションで売買されることもしばしばです。古い着物は値が付きませんが、昭和初期以前に作られたものであればアンティーク着物として国内外で人気があります。

 昔の日本では生糸の生産が盛んで、年代物の着物は絹そのものの質が高く、天然染料で染められています。化繊で大量生産されたもの比較すると大変味わい深く、レトロモダンなデザインは若い人の目にはおしゃれで新鮮に映るようです。

 さて、着物買取額を少しでも上げるためには日頃の扱い方が大切です。

 証紙は大切なものなので絶対に無くさないように保管しておきましょう。着物を着た後は必ず汚れをチェックし、すぐに取り除いておきましょう。

 着物は湿気を嫌いますので日陰で陰干しし、ほこりを払ってシワにならないように畳んでおきましょう。防虫剤を入れ替えるタイミングでチェックしておけば必要以上の劣化を防ぐことができます。

 汚れやシミがあっても最低限陰干ししてシワ伸ばしと臭いを飛ばしておくだけで査定時に好印象を与えることができます。また、ある程度の量をまとめて出したり、帯締め帯留めやかんざしなどの和装小物類があれば合わせて依頼した方が査定額が上がる傾向にあります。

 着物のクリーニングは一般的なクリーニング店に頼むとかえって状態が悪くなることもあります。買取業者はクリーニングや染み抜きのネットワークを持っていますので、汚れていても綺麗に再生させることが可能です。

 綺麗な方が良いのは確かですが、お近くに着物専門のクリーニング店がなければそのまま出すことをおすすめします。 思い入れのある着物の買取額が予想以上に低かったり、処分となってしまうと残念に思うかもしれませんが、そのままタンスのこやしにして駄目にしてしまうよりも、新たな持ち主に役立ててもらう方が有意義だと思いませんか?

 着物を必要としてくれる人の手に渡るよう、着物買取を利用してみてはいかがでしょうか。

 

こちらから着物買取を相談してください。

着物買取の買取プレミアム