着物買取でアンティーク着物やリメイク着物を大事に使うための方法

着物大好きな着物ラバーが、古くなった着物をどうすればいいのかについて考えるブログ

不要になった着物はリサイクル!着物買取のススメ

 以前は普段着としても着られていた着物ですが、今では洋服がメインの服装となり、着物は特別な日にだけ着るものとなってしまいました。

 着物を持っていても、着付けが出来なかったり、帯がきつく感じてしまうなど、さまざまな理由から着物離れが進み、タンスの肥やしとなっている人も多いでしょう。 着物は洋服と異なり、そのデザインに流行り廃りが無いので、祖母や母親から受け継がれてきているものもあるでしょう。

 また、成人式などの晴れの舞台へ着ていくものとして、自分の体形に合わせて仕立てたものもあるでしょう。 しかし、着物には「格」があるので、着ていける場所や年齢などにルールがあります。 特に振袖は、成人式に仕立てたものであっても未婚女性が晴れの場に着るものというルールがあるので、結婚してしまうと着ることが出来なくなってしまいます。

 未婚であっても30代になると、振袖を着ることが適さなくなってしまいます。 このように、高価な着物であっても不要になってしまうと、タンスに眠ってしまいがちです。 着物は正絹で作られているものがほとんどなので、長期間風を通さなかったり、しまうときにきちんとケアをしておかなかったりしただけで、シミや虫食いなどのトラブルが起こりやすいものです。

 シミや虫食いが出来てしまうと、元のようなきれいな状態に再生することが困難なので、処分するしかなくなってしまいます。 このように処分をする前に、不要な着物がある場合には着物買取業者に査定してもらうのも良いでしょう。

 着物査定業者とは、不要な着物の価値を見極めて、買い取ってくれる業者のことです。 着物には格以外にも、工芸品としての価値があるものもあります。 祖母から受け継いでいる着物だからと言って、価値がないということもありません。

 古い着物であっても、きれいに保管されている場合には買い取ってもらうことも可能です。 また古い着物でも伝統工芸品であったり、付加価値のついている着物の場合には、高額での取引が行われる可能性もあります。

 着物だけでなく、着物に付随する帯や、襦袢なども買取の対象となっている業者も多くあります。 コーディネートでの査定であれば、さらに高額での買取が期待できるでしょう。

 業者に買い取られて行った着物は、一度クリーニングされて汚れを落とすだけでなく、傷などを細かくチェックして修正を行ったうえで、リサイクル着物として販売されます。 華道や茶道をしている若い人や、付加価値のついた着物を探している人などからの需要もあり、自分では不要と思っていた着物を喜んで使ってもらうことが出来ます。 祖母や母親から受け継いだ着物の場合、ごみとして処分してしまうのには心苦しいところがありますが、他の誰かによって喜んで使ってもらえると思うと、処分しやすい状態になります。

 しかし、着物買取には注意したい点もあります。 もっとも注意したいのが買取業者の選択です。 リサイクル業者というものは色々な分野で存在します。 それぞれに特徴があるものなので、専門知識が非常に必要となるものです。 特に着物場合、生地を見てブランドや着物の格などを判断していく必要があります。

 豊富な知識が必要となるので、きちんとした査定士のいる業者を選ぶことが大切です。 さらに、業者によって査定の仕方も異なります。 最もスタンダードな方法が、店舗への持ち込み査定です。 自宅近くなどにある着物を取り扱っているリサイクル業者へ自分で不要な着物を持ち込み査定をしてもらいます。