読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物買取でアンティーク着物やリメイク着物を大事に使うための方法

着物大好きな着物ラバーが、古くなった着物をどうすればいいのかについて考えるブログ

着物買取と着物の種類:紬

着物の種類

 紬は、紬糸で織り上げられた絹織物です。

 蚕の繭から繰り出した糸に撚りをかけて織っています。大変丈夫で、一般的な絹織物よりも手触りも力強い印象を与えます。繭の産地には、生糸にできない繭も大量にありました。例えば、玉繭や穴あきの繭、汚れてしまった繭などがそれですが、このようなくず繭も有効利用できないかと考え出されました。

 くず繭をつぶして真綿にし、それを糸として紡いだのです。この紬糸は撚りをかけるので、太さが均一でなく、織上りは表面に小さなこぶができます。それが独特の風合いを醸し出し、人気の要因となっています。くず繭の中でも玉繭から作られるものは、二本の糸が複雑の絡まり、節が多い糸に仕上がります。

 これもまた、大変複雑で美しい生地になります。日常的に身につけられたり、野良着に使われていたものですが、非常に耐久性がよく、親から子へと受け継がれるようなこともごく一般的でした。新しい時には肌触りが固く、着心地はあまりよくありません。長年使っているうちに練れて、風合いもよくなります。

 このように、決して高級品ではなかったのですが、江戸時代にしばしばお触れが出た「倹約令」によって、おしゃれな町民や裕福な人々の間でも、流行することになります。倹約令の中で町人が絹の着物を身に着けることがとがめられましたが、それでも町人やおしゃれもしたいし、良い品も身に着けたいものです。絹を身に着けることをあきらめませんでした。そこで注目されたのが、「絹でありながら絹に見えない生地」だったのです。

 紬はまさにそれであり、渋い色合いで、絹らしい光沢もないのに絹ということで、おしゃれな町人や裕福な町人たちは、それらをこぞって購入するようになりました。渋さの中に趣味の良さを感じさせる、粋な着物だったのです。万事派手好みの大阪よりは、「粋」を良しとする江戸のほうでの人気が上回っている傾向にはありました。

 泰平の江戸時代は、インフラも整い、物流が急激に発達した時代でもありました。地方の行政は特産品つくりに知恵を絞りましたし、大名が直接江戸や大阪の市場に売り込みをかけるということもしばしばでした。

 もちろん商人たちも、大きな消費が見込める大阪や江戸などに、新しい商品をもって、売り込みの働きかけを行っていました。地方の農家は内職として織物を織り、大切な収入源としていました。そういった品物の一つだったのです。

 この織物は、各地に広まってゆき、オリジナリティーをそれぞれに生み出しつつ、様々な紬が登場しました。米沢をはじめとし、仁田山、結城、牛首、信州、郡上、椎名、久米島、大島、交織、琉球、弁柄、塩沢、遠州木綿などが、有名です。手間暇かかる織物であり、熟練の技も要します。

 名産地である米沢には、織手の女性たちは出荷を惜しんで、前の日には自分が織った織物を抱いて寝たという話も残るほどです。当時でも江戸や大阪では高値でしたので、精込めた織物を、自分で身に着けることもできなかったとも伝わっています。今でも高額で取引されていますが、もともとが野良着です。味わい深く、粋で、正絹であったとしても、格式としては低いとされていました。

 正装としては身に着けることが許されず、おしゃれ着として用いられています。しかし近年、着物に対するファッション性が変わり、略正装でもいいといった場では、身に着けることにも寛容になってきました。着物買取の場では、元来の丈夫さもあって、状態の良いものが多く出回っています。価格も今新たに購入するよりはずっとお得感があるものが多いのですが、値段がつけられないものもあります。丈夫である故に、古いものでも状態がよく、市場に出てくることがあるのです。

 このようなものは、「いくら出してでも買い取りたい」というファンがついています。ましてや新しいものは着心地が悪く、練れてから味わいが出て、着心地もよくなるような品物です。江戸時代の裕福な商人などは、番頭にまず着せてから、柔らかくなった時点で自分が着るといったこともしていたという話が残っているほど。かえって着物買取でリサイクルされているもののほうが、求められるものです。

 また柄が特徴的であるので、それが時代に左右されないことにもつながります。もし、タンスで眠っている紬があれば、着物買取の市場に出してみるのがおすすめです。自分では「古いものだから、大してほしい人もいないのではないか」と思っていても、想像もつかなかったほどの金額で、買い取られることもあります。また、絹ですから、丈夫といっても保存方法を間違うと、虫食いやシミといった劣化を招いてしまいます。

 そうなると価値は下がってしまいますので、保管に自信がない人は、早めに買取を利用する検討をするのがおすすめです。すでにシミや虫食いがあったとしても、「それでもなお高値で取引された」というものも、少なくありません。査定してみないとわからないものです。