着物買取でアンティーク着物やリメイク着物を大事に使うための方法

着物大好きな着物ラバーが、古くなった着物をどうすればいいのかについて考えるブログ

着物買取と着物の種類についてまとめてみた:紬

 紬はもともと一般的な正絹の着物に使う糸を取り出せないような玉繭や汚れた繭、穴が開いている繭などをほどいて真綿にし、それを撚って糸にして織ったものです。大変丈夫であり、耐久性にも優れていますので、野良着などに用いられていました。

 親から子供にお下がりできるようなものでしたので、農村部では重宝されていましたが、あまり高級なものとは言えなかったのです。

 しかし江戸時代になって、しばしば倹約令が出されるようになると、町人、とりわけ幕府の目が届く江戸などでは、町人のストレスが溜まってしまいます。おしゃれもしたいし、人生を謳歌したい欲求を抑えられているのと同じです。

 そこで絹でありながら、遠目には木綿に見える紬がもてはやされるようになります。なんともしぶいのに、実際は絹織物だということで、役人の目を欺く快感もありました。反対に、木綿なのに絹のような光沢があるといった生地も流行しました。

 そのころには、江戸や大阪などの大都市へのインフラが整い、人も流動的でした。各藩や地方の商人は、地場の産物を創造し、それを江戸や大阪のような大消費都市に売り込むことに余念がありませんでした。そういった時代背景を受け、紬は人気商品となっていったのです。米沢や大島などが有名ですが、各地、風土に合った特徴的な色合いや風合いの紬を作り出して、特産品として売り出しました。

 バリエーションに飛んでいました。平和だからこそ、町人の生活は安定し、ファッションにも「個性」を主張できるようになっていたのです。人々は新しいものを求め、自分のライフスタイルに生かしていました。

 織物が急激に発達した時代でもあり、地方の農村部の副収入を得るものとして、大いに活性化しました。今とあまり大きくは違いません。やわらか物といわれる生地は、白生地に織って反物になってから模様などを施してゆきます。

 しかし紬は糸の段階で染め上げ、それを織ります。糸は撚ってますので、太さもまちまちで、それが独特な風合いを醸し出しているのですが、新しものの着心地としては、あまり良いものではありません。長年かけて、自分の着心地に仕上げてゆくものです。大体が野良着だったことからも分かるように、倹約令でもない限り、フォーマルなところでは着用できないものとして認識されていました。

 それは今でも同じで、着物の文化が全体的に自由な風潮になってから、それなりに略式の場では着用を許されるようになっていますが、まだ最礼服として用いることはできないと考えたほうがいいでしょう。

 日常のおしゃれに用いるのが無難です。こういったときに、どのような帯や小物を合わせると粋で格好がいいかということになると、おすすめは名古屋帯です。帯の柄によって、美術館巡りや結婚式の二次会のような、ちょっとあらたまった雰囲気にするのか、友人とのお食事会や観劇などのプライベートのおしゃれで着用するのかなどの差をつけるのがおすすめです。

 金糸銀糸が使われていないしゃれっ気のある袋帯や織りの入った名古屋帯もいいですし、綴や袋名古屋帯や染め帯などもおしゃれです。気軽なお出かけには、色目がはっきりしたお太鼓の柄が入った名古屋帯や半幅帯なども、すっきりとして小粋な印象を与えます。生地自体が渋めですので、少々派手な大正モダン風の帯でもしっくり合います。黄色や萌黄色などもおすすめです。

 着物買取でも、かなりの高額商品として取引されることが多い紬です。もともとの丈夫さもあって、保存状態さえ良ければ、かなりの年月が経っていても、良い状態で市場に出てきます。それがかえって評価されるものでもありますので、古いから大した金額にならないのではないかと思わずに、まずは査定に出してみるのがよいでしょう。またその時には、合わせて買った帯や小物などがあると、さらに高額査定につながる可能性があります。帯や小物は一期一会ですので、なかなかぴったりくるものが見つからない時があります。一緒に査定に出すと、それだけで価値が上がるものです。

 古いものは安くなるというのは、衣料の買い取り市場ではある程度覚悟すべきものですが、着物はどちらかといえば「骨董品」や「アンティーク」の評価に似ています。古いものの中には、今はすでに失われてしまった技術が生かされていることもあるのです。古いことがかえって付加価値になることも多いものです。

 保存があまり得意でない人は、劣化する前に買取を利用するのが高く売るコツです。また、保存が悪くて、少々のシミや穴などができてしまっていても、二束三文だとは限りません。ただし、鑑定する側がしっかりと査定できる目を持っていないと、満足できる買取利用ができないことも多々あります。

 信頼がおける業者を選ぶことが、ポイントになります。口コミなどを参考にしながら、満足できる買取利用を目指しましょう。近頃では遠方でも、出張鑑定や、宅配便を利用した査定などがあり、気軽に利用できます。

無料査定は簡単です

 着物の無料査定申しこみは簡単です。

 プロの着物鑑定士が最速30分で出張鑑定してもらえます。

 WEBからフォームに必要事項を記入して、「無料査定の申しこみ」ボタンを押すだけです。

 出張査定ですから、その場であなたの悩みに全部乗ってもらえます。もちろん出張費も査定費もすべて無料です。査定金額に満足したら、その場で即買取、お金をもらうことができます。

 

こちらから着物買取を相談してください。

着物買取の買取プレミアム